Aromaticstyle

aromaseed.exblog.jp
ブログトップ

RUN FOR ED 2015

今日は朝から娘の学校区エルセグンド地区でマラソンの日
娘と一緒に5k走ってきました。
c0334300_504373.jpg


普段は車しか走っていない道も
人・人・人 ・・私達の後ろにもたくさんの人で溢れてます。
c0334300_534043.jpg


おじーちゃんも、おばーちゃんも、子供もティーンネージャーも、
ストローラー押して走るお母さんはもちろん
お父さん達の姿もアメリカでは当たり前。
c0334300_5341045.jpg


なぜみんな走っているのか?というと、
それにはエルセグンドなりの事情があるのです。
今回は学校教育のファンドーレージングの為に。

エルセグンド地区はLAX空港にほど近く、
ハモサビーチやレドンドビーチの北側に位置する独立した一つの市。
とにかく安全、奇麗、住民がオープンな雰囲気です。

ロサンゼルス地区はLAUSDといって、ロサンゼルス市から
学校の運営費はもちろん、先生のお給料などまで全て
市からバジェットがおりて学校運営が成り立つという仕組みです。

エルセグンド地区(ESUSD)は独立している市になり、
どこの行政区からも寄付がないため、
市民、親、各種のイベントを通して寄付金をつのるのです。
毎年$100000(1ミリオン)を目標にしているエルセグンド教育行政。

アメリカの教育システムが日本と際立って異なるところは、
教育行政の独立ぶり。

日本は基本的に国が教育の方針や指導内容を決める
いわば中央集権的なシステムなのに対して
アメリカは地域住民が直接選挙で選んだ教育委員が
中心になってその地区の教育行政を担当します。


日本とシステムが違うけれど、
アメリカは地域住民も教育に高い関心があるので、
おじーちゃんからおばーちゃんまでこうやって
マラソンやイベント毎に参加して
学校運営費の寄付を募ってくれているというしくみなのです。

さて本題の私達。
走って、走って、坂道を走って ・・・
c0334300_672419.jpg


5Kmゴール!!!
c0334300_675778.jpg


歩く私を『ママ、早く走って。もうすぐだからがんばるよ〜!!』
と私を叱咤激励してくれて。
娘がいつの間にか精神的にも大きくなったんだな〜と。
c0334300_610144.jpg


最後に一緒に走ったファミリーと。
c0334300_611550.jpg


最後はもちろん足がくがく(笑)
明日から体力作り頑張ります〜。
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-03-22 06:20 | 日常生活 | Comments(0)