Aromaticstyle

aromaseed.exblog.jp
ブログトップ

ジャスミンサンバックCO2

皆様こんにちは。
Aromaticstyle
ホームス知子です。

今日は新しく入荷した
ジャスミンサンバックCO2精油についてです。

c0334300_7315849.jpg


現在Aromaticstyleでは2種類のジャスミンを
お取り扱いさせていただいています。

*ジャスミングランディフローラム/Abs
*ジャスミンサンバック/CO2


これら精油の大きな違いは2つあります。

1)抽出方法
2)香り


1)の抽出方法の違い
Jasmine grandiflorum Abs(アブソリュート)は溶剤抽出法で抽出され、
Jasmine sambacはCO2(二酸化炭素抽出法)で抽出されています。

アブソリュート抽出法
香りは濃厚ではっきりとした香りです。男性的な香り。
①溶剤抽出法から抽出されたアブソリュートオイルは、
植物の芳香成分を良く溶かしだす揮発性の有機溶剤
(石油エーテル、ヘキサン、ベンゼン)を使用して抽出されます。
花を溶剤に浸し、香り成分を溶剤中にうつす方法です。

②香り+溶剤から溶剤だけを回収します。
このとき溶剤の除去後に得られた抽出物はコンクリートと呼ばれ
精油分の他にワックス成分が(50%ほど)多く含まれます。

*こちらがミモザのお花のコンクリート。
と〜っても甘い香りがして、ペロっと飴玉みたいに食べたくなるような
美味しそうな甘い香りがします。ガマンガマン・・・
c0334300_6462259.jpg


③ワックス成分を除去し、精油のみを得る為にエチルアルコールで
再抽出されます。
このときエチルアルコールとワックス成分は分離しますので
最終的に赤褐色でやや粘質のあるアブソリュートオイルが得られるのです。

こちらがアブソリュートの色
c0334300_6595684.jpg

とても奇麗な色をしています♪

CO2抽出法
香りは柔らかく、ふんわりとした女性的な香り。
1970年代以降、大型機械を導入しての抽出方法ですので
重厚な設備を必要とし、生産コストが高い点が問題点でした。

①植物を釜の中にパックし、二酸化炭素を注入していきます。
ある一定の温度まで達すると二酸化炭素が気化され、
高圧にすることで液体化し、その液体が溶剤の働きをします。
二酸化炭素を高圧にすることで気体と液体の中間の
超臨界状態になり、この超臨界状態で二酸化炭素は精油成分を
強く吸着するのです。

②再び気圧/温度を下げる事で二酸化炭素を気化し、
抽出物から二酸化炭素を取り除くのです。
そうすると精油成分だけが残ります。

この方法で水蒸気蒸留では分子が大き過ぎて
取り出す事の出来ない成分も抽出することができるため、
溶剤などの成分残留も気にせずに
自然の植物中に存在している状態に極めて近い形のまま
上質な精油を抽出することができるのです。

もっと簡単に言えばCO2抽出法は・・・
①低温抽出のため、抽出過程で精油成分の変化が少ない
②香りがまろやかで、ほぼ天然の植物の香りに近い
③残留成分がないため、安全性の高い精油となる

こちらがジャスミンサンバックCO2が抽出される
二酸化炭素抽出法の設備です。
c0334300_7234181.jpg

ディスティラーのラムラップさんが
送って来てくれた工場内の写真です。
こちらの工場はISOスタンダードを取得している
インドではかなりしっかりとした取引先で
私も信頼をおいております。


ということで
香りの好き嫌いにもよると思いますが、
*お肌の基礎化粧品
*治療用ジェルやクリーム
などを手作りする場合は
ジャスミンサンバックCO2をオススメしております。

みなさんも何かハンドメードコスメを作った時は
是非教えてくださいね〜!

Jasmine Sambac CO2はこちらから購入できます。
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-11-15 00:05 | アロマセラピー | Comments(0)