Aromaticstyle

aromaseed.exblog.jp
ブログトップ

アルニカハーブのインフュージョン


こんにちは。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます。
Aromaticstyleのホームスです♪


今日のホームスは体中が
アタタ・・でございます。

大人になると運動をしたあと
次の日に筋肉痛・・・になることありませんか?

年を重ねてもっと大人になると(笑)
筋肉痛が2、3日後にでてきます。^^;

注)実際の年齢というよりも
年をとると運動する機会が減少し、
それが筋肉の反応を鈍らせている、ということらしいです。

運動しないとねーーー。
そういえば今年も終わる頃に新年の豊富を思い出しましたwww


=============
さて本題!
=============


今日は筋肉痛の痛みを和らげる
代表的な西洋ハーブの
アルニカArnica montana)
を使ったインフュージョンのご紹介です。


アルニカのインフィュージョンは
あらかじめ作っておくと
リップやクリームにも使えて
我が家では常備しております♪


アルニカはヨーロッパに原生する
キク科の植物で
けなげに咲いている可愛らしい黄色のお花。


解熱、鎮痛から傷の治癒、腫れや捻挫、打撲、リウマチ
などに昔から民間療法として用いられてきました。

c0334300_02252585.jpg

<インフュージョン>って何?という方に・・・

植物の有効成分を
太陽がしっかりとあたる場所で
朝の10時まで
ゆっくりと漬け込んで
成分とエネルギーを植物油の中に転写していきます

色々なインフュージョンの方法があるのですが
今回アルニカの花びらはデリケートなので
冷浸法で漬け込んでいきます。
(ちなみに葉の部分は80°以上のオイルを用います)


使用するオイルは植物性の精製されていないオイルが基本で
*サンフラワーオイル
*アーモンドオイル
*オリーブオイル
が最も適しています。


こちらはオリーブオイルで作ってみました。
まだまだハーブの成分が溶け込んでおらず
比較的クリアな色をしています。

c0334300_02311469.jpg

こういうゆっくりする時間が大切ですね。しみじみ。。。


これを4週間熟成させていくのですが
できれば毎日ビンを上下ひっくり返し
週に一度は木の棒でハーブを動かして
エネルギーを停滞させないようにしていきます(←これポイント!)


では次回は
アルニカハーブを濾して行く作業をアップしていきますね^^
お楽しみに!








by aromaticstylelove | 2016-10-13 15:46 | アロマレシピ | Comments(0)