Aromaticstyle

aromaseed.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅行( 4 )

秋の京都


こんにちは
Aromaticstyleのホームスです^^
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます♪



大阪で行われたIFPA Japanカンファレンスの後
ロサンゼルスに戻る前に
ちゃっかりと(笑)
両親と合流して
京都旅行を楽しんで来たホームスです^^



c0334300_06342123.jpg

秋の京都は
息をのむほどに美しく


早朝
ひんやりする冷たい風にあたりながら
学生さんや人々が行き交う先には


古い建築物がひっそりと立ち並び


京都の歴史
日本の文化の奥深さに
心を突き動かされた3日間でした。



朝のお散歩途中に
早朝のお勤めを終え
法事へと向かうお坊さん達の後ろ姿。
楽しそうに笑い声が聞こえてきたり^^

c0334300_07202144.jpg



豊臣秀吉が奉祀される神社で有名な
豊国神社(とよくにじんじゃ)ですが、


地元の方からは『ほうこくさん』と親しまれ
出世開運のご利益があるんだとか♪

c0334300_07213484.jpg

実り豊かになれるように
たくさんのお願い事が
しゃもじに記されていました。




つたの葉っぱも赤に染まっています

c0334300_07215807.jpg


苔と樹木が織りなす木々も
緑豊かですね。

c0334300_15282628.jpg


三十三間堂の裏手に造られた通路。
海外には朱色やオレンジ色の
極彩色といった 


密教からの流れの色の
建築物には出会う事がないので
ハっとさせられます。

c0334300_15340795.jpg



東大寺の入り口付近に建てられた
こちらも極彩色の三重塔。



c0334300_15390382.jpg



さすが清水寺なだけに
足下がすくみそうです^^;

c0334300_15500900.jpg


c0334300_15514013.jpg

なんとこちらには
頭痛のお守りが
交通安全のお守りといっしょに売られてました。

ヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェェェエエエエ工工

c0334300_15594468.jpg


しかも ・・・100円。
根付の場合は 350円。

本当にご利益があるのかとっても気になる点です(笑)





やっぱり京都に来て
こちらに行かないわけにはいきません。
秋の西日に照らされ
光り輝く豪華絢爛の金閣寺。
c0334300_16050634.jpg




c0334300_16061546.jpg





キラキラと光り輝く
金閣寺とは対照的で
ひっそりと佇む銀閣寺。


c0334300_16082932.jpg
c0334300_16101019.jpg

c0334300_16111361.jpg



人々が京都に魅了される意味が
よーく分かりました。


日本の文化って
やっぱり素晴らしいですね。
ビューティフォーーーー✨





最後に・・
両親にはこれからも
健康で長く生きて欲しいものです。


こうやって親子で旅行にいけるなんて
次はいついけるのか分かりません。
思い立った時が吉日とはこのことなんですね。

c0334300_16152146.jpg




好きな事をお仕事にして
それを応援してくれる主人には
自然と感謝の気持ちが湧き上がってきます。
ありがとう♡





日本滞在は6日間だけでしたが
たくさんの刺激を受けて
またこれからも
気持ちを新たに進みたいな〜っと思った
ホームスなのでした^^




銀閣寺から法然院へと向かう道に
タマミズキの木があり
赤い実をつけていました。
四季があるって素敵ですね♪

c0334300_16262296.jpg







by aromaticstylelove | 2016-11-13 06:11 | 旅行 | Comments(0)

アメリカのキャンプ場



こんにちは。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます。
Aromaticstyleのホームスです♪


さてグランドキャニオンから戻り
次はフラッグスタッフへと移動し
最後のキャンプを楽しみます〜^^


今回は家族で楽しめる♪
というコンセプトのKOA キャンプ場を予約しての滞在です。
夏場はすぐに埋まる可能性があるので早めに予約しておきましたの^^



パインに囲まれ自然を満喫しながらの場所で
家族みんなで楽しむには穴場のキャンプ場です。
施設も全て揃っているし、清掃も行き渡ってるし
子供達の映画上映もあったりするから安心です♪
c0334300_05300121.jpg



やはりこの方は
虫取りが流行中なようでして
ダディと昆虫採集にいそしんでおりました。

なんかね、昆虫君が飛び立って行くときとか
うわァ======!!って
めっちゃ興奮してて
男の子はシンプルすぎます(笑)
c0334300_05373204.jpg






今回は人気のティピーテントには泊まりませんでしたが
円錐型のテントの中はどうなっているのか
子供達も興味津々です♪

はい、3歳児同伴のキャンプにはいつもハプニングがつきものです。
おもらししたら、その場でお洗濯して乾かして。。。
キャンプ生活ならではのお洗濯事情でーーーす(笑)

c0334300_05460813.jpg



最後に子供達が備え付けのボードで記念写真を撮りました。
二人とも頑張って変顔をしてみました、どうぞご覧になってください。
c0334300_05535489.jpg
c0334300_05564390.jpg


c0334300_05594439.jpg

マシュマロを本気でツンツンする息子。
めっちゃかーさんを笑わせてくれました。



ホームス家の夏休み旅行はこんな感じで
楽しい時間はあっという間に過ぎていきました♪
皆さんの夏休みはどう過ごされていますか?




by aromaticstylelove | 2016-08-14 05:18 | 旅行 | Comments(0)

グランドキャニオンへと


セドナにさよならをして
次はグランドキャニオンへと出発〜!の旅


こんにちは!
Aromaticstyleのホームスです。



セドナにお別れをしたあとは
ルート66の発祥の地であるWilliamsへと。
古き良き時代のアメリカ〜ンな風景をみつつ
しばしノスタルジックに浸るホームス家。
やっぱり男の子は元祖鉄道をみると大興奮!してました。
でも口ずさんでくるのは、
しゅぽしゅぽしゅぽ・・ぼ〜くらの仲間しゅぽしゅぽしゅぽぽ〜〜♪
とかいう随分日本的なお歌を口ずさむ息子氏(笑)

c0334300_03362466.jpg

さーて次はグランドキャニオンへと車を走らせます!

c0334300_03423768.jpg


しばらくはどんどん傾斜を登り、
空とゴツゴツした地平線の風景をひたすらドライブ。
でね、徐々にこんな感じに風景が変わって来て
標高も気がつけば2000mにも達してきます。
c0334300_03463077.jpg


グランドキャニオンは全長400kmの大渓谷で
一口にグランドキャニオンと言っても
見る場所によって景色は違って来るのですが、
今回はサウスリムから入った景色です。



到着する前にインディアン居住地区との境界線には
たくさんの先住民族の方がお土産屋さんを開いて
アクセサリーなどを販売しています。
アクセサリーショップといっても
小屋を造って看板を掲げている質素な作りのお店なのですが
みなさんとても気さくで親切なのです。
c0334300_03592051.jpg
c0334300_04004956.jpg



こちらはジュニパーの実を乾燥させて作ったアクセサリー。

決して洗練されているデザインのアクセサリーではないけれど、
先住民族の方に受け継がれている、
植物が持つ意味や
モチーフを取り入れる事の大切さを教えてくれました。
そう、ジュニパーの実はあらゆるものから身を守ってくれる、
プロテクションの働きがあるのだとか。
ホームスもひとつ購入しましたよ〜♪
c0334300_03535825.jpg



グランドキャニオン・サウスリム(南側)に到着した私達。
サウスリムの最東端の
デザートビューにそびえ立つのがウォッチタワー。
古代ネイティブアメリカンの住居を模して作られた
建造物を目指して進みます。
(といっても駐車場からちょっと歩く程度ね)

c0334300_04131111.jpg



ウォッチタワーの中に入ると
ホピ族のアーティストによって
神話や宗教儀式などが壁一面に描かれています。
当時の生活様式が想像できるだけでなく、
人類や壮大な宇宙の物語を描いているようにも
思えてくるから不思議です。
c0334300_04232578.jpg


子供的にも不思議な気持ちになるのか
娘はじ〜っといろんな絵を見つめていました。


で、『おかーさんわたしお腹すいた』と。
あ、やっぱりね。無口な時はいつもそうだから(笑)
c0334300_04202954.jpg




グランドキャニオン渓谷を見渡すと
足がすくんでしまいそうになりますが・・・




スゴイーーーーーー!!!!






の一言です。
(すみません、私高所恐怖症なものでして顔が引きつっております、笑)
c0334300_04172405.jpg





最後にノースリム(北側)からの風景も
実〜にスバラシかったです。





で、北側から行かれる方は
是非アイスクリーム屋さんでアイスを買い
絶景を眺められる事をオススメします。
めっちゃくちゃアイスクリームが美味しいんです♪

c0334300_04560780.jpg




お顔はこんな感じになりますが
最高の思い出になること間違いナシ!でございますョ。

c0334300_04435967.jpg

アイスクリームコーンのかけらもついてるしぃ。。。

by aromaticstylelove | 2016-08-07 05:59 | 旅行 | Comments(0)

セドナ旅行 その2 女性性編


Aromaticstyleのホームスです。
前回はセドナ旅・男性性のヴォルテックスについて書きましたが
今回は女性性を体験してきた記事をアップしますね♪



aromaheadのアンドレアが
セドナ在住のボタニストであり、二児の母でもある
Phibee aromatics のクレアを紹介してくれました。


生命力の強いピニョンパイン精油を
全て手作業で抽出している女性がいるのよ、って。


全て自分達の手で
パイン、ジュニパー、ヤロウ
の生息している植物を追い求めて収穫するやりかた、
それがWild Harvest and distillingと言われる
古代ネイティブアメリカンの錬金術法。



現代のアロマセラピー用に栽培された
植物のエッセンスを抽出するのとは
精油の生命力の差は歴然です。



香りを感じてみると分かるけれど
精油が生きている!とすぐに分かるほど
形を変えてもボトルの中で生命力に溢れています。




クレアに実際にお会いすると、
長いウェーブの髪とスラリとした長身の出で立ち。
『絶対に私の前世は日本人だと思うのっ』
と豪語するその口調はまるで子供みたい^^



数年間京都に住んでいた彼女は
日本のヒバやヒノキ
それらの精油について
今でもその香りを体で覚えているといいます。



今回はお家のゲストハウスに泊めていただき、
2日間クレアと共に、
彼女の植物に対する流儀や作法を通して
精油抽出現場を体験させていただきました。
c0334300_16155577.jpg

まずはクレア達があらかじめ収穫していた
ユタジュニパーを計量し、
ドラム缶ほどの釜にジュニパーを仕込み
しっかりと蒸気と釜をセットしていきます。

c0334300_09132027.jpg

そうしてセドナ北東に位置する
秘密の森の中に入り、
元気なジュニパー達を探しに歩きます。



歩くこと数分・・・



『この子達は元気そうね』と言いながら
自分の精油を数滴、木の周りに垂らして場を清め、
ジュニパー達へお礼のメッセージと
『今から少し木を綺麗に整えて行きますよ♪』というご挨拶をします。




この儀式がとても大切なプロセスなのだと教えてくれました。
植物をリスペクトすれば、必ず植物もそれに答えてくれるのよ、っと。
木の幹の中心部には水分と精油が含まれていて
植物達が元気に育っている証拠です。
c0334300_09193712.jpg

ジュニパーの枝を根元から切り
全体のシェイプを整えながら
まるで床屋さんにいくように
パパッッパと、収穫していきます。




でも木こりの作業に慣れていない私は
あたふたしまくり・・(笑)
ノコギリって引いて切るものなのね。シラナカッタ。
(これで歌って踊れて木も切れる私になりました。)


(・:゚д゚:・)ハァハァ


数本の枝葉を切り取り、
歩いてまた他の枝葉に歩いて移り・・
100mくらいのエリア
これを繰り返して行きます。



この作業、実に3時間・・・




私、もうお腹ペッコペコ。
働き者の木こりさんになった気分ですが
労働のあとは何だかスガスガシイーーーーーー☆彡
この日は大きなバケツ2つ分の収穫です!

c0334300_10024358.jpg


ユタジュニパーの収穫状況の記事は次回にアップしますね!
引き続きお楽しみに☆




by aromaticstylelove | 2016-07-26 06:25 | 旅行 | Comments(0)