Aromaticstyle

aromaseed.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:精油収穫/抽出作業( 2 )

セドナ旅行 その4 ジュニパーとピニョンパイン


こんにちは
Aromaticstyleのホームスです。



前回のブログで
『生き延びる』という一点に集中して
ストレス耐性に優れている
生命力に溢れたジュニパーの恩恵は
私達人間にもとっても効果を発揮してくれます
という記事をアップしました。こちら>>


今回は抽出作業の様子をアップしていきますね。


暴風にも負けず
水のないときにはじっとこらえて耐え忍ぶジュニパー。

c0334300_03101902.jpg



オフィスまでの帰り道、
山頂からの新鮮な湧き水が自由に汲める
スポットは人々の憩いの場です。
新鮮な水を飲める自然の恵み、幸せをいただきます♡
湧き水を飲んでみると、口当たりがまろやかで柔らかい〜。

オフィスに戻ると精油も少しずつ抽出でき始めていました。

c0334300_04574969.jpg


ハイドロソルは1時間以内に、
精油抽出に要する時間は約7〜8時間でピークに達し、
それ以降は抽出量も低下し、品質も落ちてくるのです。


その特性を考慮し、時間を気にかけながら
見た目で終了するか否か判断し、香りの分析をします。


すべてマニュアル通りではない
毎回が真剣勝負の水蒸気蒸留だといいます。


水分は下にたまり、油分は上澄みにたまります。
これが『水と油』の関係。
ハイドロソルに押し上げられて、ジュニパーの精油が
ファネルのノズルにくるように圧力を微調整します。
c0334300_05010506.jpg


微調整を繰り返しながら
抽出できた精油の量は・・・


c0334300_05003350.jpg

あのドラム缶いっぱいから抽出される
精油の量が50ml弱。


たったの、50ml・・・です。



もちろん季節によっても収穫率が違います。
夏場は植物の水分量も空気中に揮発する為、
収穫量も減少します。



冬場は植物が春に備えて水分や栄養分を
溜め込もうとする為
収穫量も20%ほど上昇します。



植物の特性を知り尽くして
野生種の精油をお話してくれるクレアは
私にとってたくさんの謎を解いてくれた
貴重な時間となりました。





最後に。
Phibeeの野生種は全て成分分析済みで
安全が確証されてからの販売となるため
安心して使用することができます。
c0334300_05014041.jpg
こちらはピニョンパインの成分分析表。

何故ピニョンパインが他の青臭い香りと違って
柑橘系の爽やかな香りがするのか?

カプリル酸エチル
オクタン酸エチル
ヘプタン酸メチルなど
エステル類の成分が含まれる為に

ミカンの皮、
もしくはパイナップルといった爽やかな香りになるのですね ^^


若干0.03%のカンファーも含まれていますので
妊婦さん、授乳中の方は使用を控えることをおすすめします。




2日間の貴重な体験を終え、
家族ぐるみでとても良くしてくださった
クレアのお家を離れる時、



雨に濡れたアスペンの葉っぱが
キラキラと輝いていました☆


c0334300_06330441.jpg







[PR]
by aromaticstylelove | 2016-07-31 03:15 | 精油収穫/抽出作業 | Comments(0)

セドナ旅行 その3 ピニョンパインとジュニパーベリー

 
こんにちは!
Aromaticstyleのホームスです。
今回はユタジュニパーの抽出状況の記事をアップしていきますね。


さて、山の中でジュニパーの採取が終わり
彼女のホームオフィスに戻ると、
リアノン先生がオーガナイズされるイベント
2016 Botanicaでクレアがスピーチする内容をお話してくれました。
今年はブライトンまで参加できなかったのですごくラッキーでした♪
主人のオヤジギャグにめっちゃ笑ってくれたクレア、ありがとう♡

c0334300_10474553.jpg
まずジュニパーには12種類ものジュニュパーがあり
7種類のジュニパーがアリゾナ州に自生しているのよ!

・・・って、クレア。

そんなに種類があるなんて、お恥ずかしながら
存じ上げておりませんでした・・><


Phibee Aromaticsで取り扱っているジュニパーは

Aligator Juniper
California Juniper
Western Juniper
Utah Juniper

などですが、ユタユジュニパーは
水分が少ないアルカリ土壌で育てられ、
マグネシウム、カリウム、カルシウムなどが豊富に含まれています。
(でも精油としては弱酸性に傾きます)
c0334300_10244386.jpg


精油スピリットを紐解くと・・・

これら砂漠地帯で育つ植物というのは
水分に恵まれておらず、
砂漠まじりの強風にふかれ、
激しい竜巻や稲妻など
常に強いストレスを抱えながら


『生き延びる』



という一点の困難に集中して生息しているのですね。
この写真からもわかると思いますが
山陰や谷の間、斜面の陰になるような崖っぷちにです。



ユタジュニパーやピニョンパインは
ストレスや困難な試練にも乗り越えられる
集中力、忍耐力を兼ね備えた生命体の精油なのです^^



どんな時に効果を発揮するかと言いますと、


================

* ストレスで神経が疲弊してしまい無気力状態の方

* 集中力をアップさせ、思考回路をスッキリさせたいとき

* 怪我や病気後の回復時に免疫力を高めたいとき

================

などに効果を発揮します。


Aromaticstyleでは
同じヒノキ科の植物のコモンジュニパーと呼ばれる
juniperus communis を取り扱っております。


とくにカリフォルニアジュニパーは
ベースにあるヒノキの香りには共通点がありますが、
トップノートに柑橘系を足したような華やかな香りがするのです♪
香りが全く違う次元で存在している感じです。




お茶を飲みながら精油の抽出を始めていきます。
蒸留機械の周りをもっと温めれるように
自分でオリジナルのお布団をかぶせてるクレア(かわいいwww)
彼女の精油に対する愛情はとても深く、
やさしく植物をいたわるように丁寧に扱います。
ディスプレイ棚の中には自分達の手で抽出した精油で溢れています。


c0334300_11004177.jpg
カリフォルニアジュニパーの香りをお試しされたい方は
Aromaticstyleのオフィスに遊びにきてくださいませ!
きっとその生命力に驚くはずですよ。




どんな色の精油がどれだけ抽出できたかは・・・
子供達が夏休み中の身の上(笑)
次回に続きます^^
(引っ張ってすみません><)



[PR]
by aromaticstylelove | 2016-07-31 03:12 | 精油収穫/抽出作業 | Comments(0)