Aromaticstyle

aromaseed.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ハーブレシピ( 20 )

アルニカハーブのインフュージョン その2


こんにちは。
Aromaticstyle のホームスです。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます♪


c0334300_15393604.jpg
さて、前回からの続きで
アルニカハーブのインフュージョンです。



ハーブをオイルに浸したまま、かき混ぜたり、ビンをゆっくり振ったりして
6週間もの間熟成させたオイルがいよいよ濾過されていきます。


日常的にいつもバタバタしてる私にとって
この時間は私にとっての至福の時間なのです♪

c0334300_15443671.jpg
ファネルの上にガーゼを引き、
ハーブがオイルの中に入っていかないように注意しながら
でもしっかりとガーゼを絞って行きます。


・・・この作業、オイルで手がベトベトになるので
手袋をしてもいいかもしれませんね。
私はしっかり手で絞っております^^



最後にオイルをビンに詰めたら
アルニカオイルインフュージョンの出来上がりです♪

c0334300_15482440.jpg
このインフュージョンオイルを基に
軟膏を作ったり、マッサージオイルに加えたり
たくさんの用途があるのです。


今我が家はお味噌も手作りなのですが
お味噌を発酵する感じと
とても似ているかも。


じーーーーっくりと
ハーブの有効成分がオイルの中に
溶け出している感じ。


こうやって昔の人は
植物の使い方を体得していたなんて
人間も自然界の中の一部に過ぎないんだな〜と思ったりしてるわけです。


あ、やっぱり私暗いですか(笑)


ともあれ、自然の恵みに今日も感謝です♪







[PR]
by aromaticstylelove | 2016-10-17 15:34 | ハーブレシピ | Comments(0)

ペパーミントレモネード



こんにちは
Aromaticstyleのホームスです。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます♪



日中は暑い日が続くロサンゼルス。
そんな時にはペパーミントが
体内の熱を和らげて
リフレッシュさせてくれます。
c0334300_05511014.jpg

レモネードにパパーミントを
洗い、少し葉をもんで
ドリンクに入れてみてくださいね。

c0334300_05503703.jpg


ミントには冷却作用があるので
体内にこもった熱を下げてくれるのです。
c0334300_05491616.jpg

夏の寝苦しいときにも
リフレッシュして
最幸の一日が始まりますように♪


[PR]
by aromaticstylelove | 2016-08-23 05:45 | ハーブレシピ | Comments(0)

マルベリーの実


今年のロサンゼルス
まだまだ朝方は肌寒く
上着が手放せません〜><


こんにちは。
Aromaticstyleのホームスです。
いつもブログにあそびに来てくださってありがとうございます。



私の今日の朝食です。
子供達を学校と幼稚園へと送り出したあと、


ファーマーズマーケットで購入した
マルベリーの実を入れて
優雅に自家製ヨーグルトの中に入れていただきました☆彡



名付けて
ザ・マルベリー祭り!(勝手に命名しました、笑)

c0334300_09220175.jpg




知ってました?



実はマルベリーの実って一年を通して
収穫時期がなんと・・
2週間程しかない(!)期間限定のフルーツなのです。



そう、この時期にしか食べられないから
ファーマーズマーケットでマルベリーを見かけたら
是非一度、味を楽しんでみてください。



マルベリーの味は
ラズベリーやブラックベリーほど酸味はなく、
落ち着いた大人のベリー味。(よくわからん表現ですみません)




マルベリーに含まれるアントシアニンには

疲れ目の予防や改善
視力回復
毛細血管


の活性化・保護・強化を促進してくれます。



その他マルベリーには

糖尿病の予防・改善
記憶力を高める
精神を安定

などなど、嬉しい効果もあるのです。



期間限定の旬のフルーツ
見かけたら是非食べてみてくださいね♡
こういうのって最高の贅沢だなって思います♪




[PR]
by aromaticstylelove | 2016-06-02 09:27 | ハーブレシピ | Comments(0)

エルダーフラワー


こんにちは。
Aromaticstyleのホームスです。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます♪

===============


今日は私の体調が良くなったハーブをご紹介します。\(^0^)/

c0334300_02582577.jpg




ここ最近 朝起きると
何故か私の声が 『x△○=+x△○+・・・』 

こ・・・声が出ない。

という風邪なのか、
誰のしわざなのか(誰のでもない、笑)
季節代わりに原因不明の症状がでてきていたのですが・・


エルダーフラワーにマヌカハチミツを入れて
しばらく飲んでいると

最近は朝起きてもすぐに
おっっはよう〜〜!!
と声がかすれずに、すぐにでるようになりました。


あまりにも嬉しくって
『おっはよう〜〜朝だよ〜〜♪www』
と歌付きで子供達をベットから起こすので
子供達に少しうざったがられている私です(笑)



さておき、そのハーブとは
エルダーフラワー。


西洋ニワトコとも呼ばれ
フラボノイド、フェノール酸
が含まれています。


こちらのボタニカルアートは
エルダーベリーの実、
葉っぱとそのお花の部分です。

c0334300_06072294.jpg
c0334300_06075235.jpg
c0334300_06082775.jpg
エルダーのお花は、
マスカットのようなあま〜〜い香りで、
一般的にハーブティーとして飲用されています。
お砂糖を混ぜて
エルダーフラワー・コーディアルも作れちゃいます。


イギリスに留学していた時
パブの裏庭によくこのお花が咲いていて
『あ〜もう初夏なんだな〜』と
だんだんと日が長くなり、ビールを飲みながら
心までも楽しくなったのを覚えています。
なんてたって冬は常にどんより・・ですから^^



エルダーフラワーはヨーロッパの伝統医学と
アメリカ先住民族から継承されてきた
歴史あるハーブなのです。

===============

発汗・利尿作用に優れ、
『インフルエンザの特効薬』とも呼ばれ

風邪やインフルエンザの初期症状、
花粉症などのカタル症状に効果を発揮します。


===============


もしこの季節で
そんなお悩みの症状があれば是非取り入れてみてくださいね♪

c0334300_06105641.jpg

私はマヌカハニーを入れて飲むのがお気に入りです。
マヌカはオーストラリア原産で
免疫力を高め、抗菌活性力に優れているので
体の中に取り入れて行きたい蜂蜜です。

アクティブ10+はトレーダージョーズで販売されています。


朝から元気な声が出せるのが
嬉しくって今日も口を大きく開けて
『ワハハ〜!』と笑う私です〜〜♪


今日もナチュラルに体の中から綺麗に♡





[PR]
by aromaticstylelove | 2016-05-12 04:26 | ハーブレシピ | Comments(0)

タンポポコーヒー

皆さま こんにちは♪
Aromaticstleのホームスです。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます。

=============


何を隠そう
私はカフェイン入りのコーヒが飲めません。


午後にコーヒーを飲むと
手がしびれ
目だけが冴えて
全く眠りにつけないのです(涙)


もう目がランランとして
頭の中がグルグルしちゃうわけですよ><


でも


コーヒーのあの香りと味が好きなのです。////(なぜか照れる私www)



そこでタンポポコーヒーを手作りしてみました。
私のほっこりタイム♡
c0334300_05392924.jpg
お味は・・・
苦みとコクがあって
コーヒーに遠くはないけれど
近くもない。
(あ、バッサリ言っちゃった)


タンポポの根っこで
こんな美味しい味がするんだ〜!


というのが私の正直な感想です。




タンポポの根っこを砕いたものがこちら
ゴボウのような根っこ系の香りがします。
ハーブはナルアロマスポットさんより。
c0334300_05484701.jpg



それをフライパンでゆっくり
から煎りして焙煎していくと
なんとも言えない優しい香りがキッチンを満たしてくれます♪

c0334300_05525703.jpg



そうして、もう一手間。
グラインダーにかけて細かくしていきます。
c0334300_05495218.jpg



c0334300_05502199.jpg



そして最後に
コーヒーフィルターやプレスを使って
コーヒーと同じ手順で作られます。

c0334300_05532771.jpg



ふむふむ。
意外な発見!
タンポポコーヒーでした。

c0334300_14552292.jpg

タンポポには様々な効能があり、
古くから漢方薬や薬草として用いられてきました。
西洋では『dandelion』と呼ばれ、家庭内でも親しまれています。
含まれる成分は、鉄分とビタミンB2 カリウムなどが豊富に含まれます。


*妊娠を希望する方に良いハーブ
*母乳の分泌を促進し、妊婦さんにも安心して飲める
*栄養価が高く、身体を温め血行を促進する



面白い事に
植物をちぎると中から乳白色の汁がでてきますよね?
その白い液体には苦み成分である
『タラキサシン』
という成分を多く含んでいて
母乳の分泌を促進してくれる働きがあるということ。


そして通常のコーヒーは『陰性』の飲み物ですが
タンポポの根は『陽性』の食品として
身体を温める働きをしてくれます。
そう、冷え性を改善してくれるんですね。



もちろんお薬のように即効性はなく、
緩やかに働きかけてくれるので
1週間くらいはゆっくりと時間をかけて
経過をみてみてくださいね。



コホン <3
その辺に生えているタンポポを見る目が変わってきた
わたしです。


今日も素敵な一日をお過ごしください☆







[PR]
by aromaticstylelove | 2016-02-13 05:10 | ハーブレシピ | Comments(0)

ハーブカフェ・ミスガルの作り方

こんにちは♪
Aromtcistyleのホームスです。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます。


今日のハーブカフェタイムにはミルガルを作りました。

ミスガルって何ですか?

はい、ミスガルとは韓国の飲み物で
ソウルドリンクとも呼ばれています。
(ソウルだけに・・・あ、失礼!)


コホン<3

MISUGARUはこちら
c0334300_14195229.jpg


作り方は簡単で
パッケージに対して200ccのお湯またはミルクや豆乳
を入れ、しっかり混ぜます。
フロッサーがあればそれを使って
しっかりと混ぜてくださいね。

私はこちらでカフェ風に混ぜています♪
c0334300_14561757.jpg


MISUGARUはこんなパッケージで売られています。
c0334300_1562551.jpg



東洋医学の考え方の一つに『薬食同源』があります。
命は食にあり、
正しく食べる事は病を癒す事に繋がる、
という意味です。

東洋医学では女性ホルモンを出すために
腎と肝の機能を高める事が大切だと考えられています。

腎は若さを司る臓器で、
その機能が高まれば
女性ホルモンが正常に分泌され、
皮膚や髪が潤います。


腎に対して

肝は血液を司る臓器で、
血液を貯蔵し,循環量を調節するので
肝の機能が高まれば
生理がきちんとくるようになり、
自然にホルモンバランスも整って来るのです。



ミスガルは風邪をひいて
食欲がないときに飲む
韓国の伝統的な飲み物だと、
友人キムが教えてくれました。


何でも15種類の穀類が粉末状に入っていて
なんと言っても
天然の甘みがほっこり
美味しい〜♪のです。


しかもお腹に溜まるので
ホリデーシーズンに食べ過ぎた
私にとっては嬉しい飲み物です www



ちなみに15種類とは
黒ゴマ、山芋、黒豆、麦、アワ、大豆、
うるちあわ、豆、もち米、発芽玄米、全粒粉、
黒米、大麦、ハトムギ
が入っております。



私の住む町ロサンゼルスには
韓国系の移民の方が多く住み、
コリアンタウンというエリアがあるんですが


コリアンスーパーのお茶コーナーは
まるで漢方薬局のように
体に良い飲み物がたくさんあるのです。


なつめ茶(Jujube)
クコ茶(Goji Berry)
ザクロ茶(Pomegranate)
ポンカン茶(Citrus)

などなど。



女性の見た目の若さや
美しさと深く関わる女性ホルモン。



食事の中から取り入れて
体の中から美しくなりましょう♡

*ちなみに一日30gまでを目安として
摂取するとよいそうです。
それ以上摂取するのは控えてくださいね。
[PR]
by aromaticstylelove | 2016-01-23 15:17 | ハーブレシピ | Comments(2)

タイムとカボチャのココナツミルクスープ

こんにちは。
Aromaticstyleのホームスです。

一段とロサンゼルスでは
朝と晩は急に冷え込んで来るようになりました。

そして寒いと免疫力が低下していると
風邪を引きやすくなるので
ハーブやスパイスで身体の中から
ポカポカ暖めていきたいですよね♪

ハーブを使いたいけど余ってしまった場合は、
デハイドレーターにかけて乾燥して
ドライハーブにしています。
c0334300_5265774.jpg


タイムには "Thymol"(チモール)という成分が含まれており、
ハーブの中でも1、2番の強い
殺菌効果抗ウィルス作用を備えているのです。

タイムを取り入れるにはハーブティーよりも
お料理として使った方が効果があります。

なぜでしょう???

タイムはクツクツと時間をかけて熱を通す事で
タイムの葉や小さな小花から
成分がじっくりしみ出し、
香りが増し、長持ちするのです。

カボチャも甘みが増し、
タイムとの相性もばっちりです!
是非ご家庭でもトライしてみてくださいね。
レシピはこちらです。

c0334300_513587.jpg


身体の中から温めて、
風邪に負けない体力作りを♪
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-11-20 05:17 | ハーブレシピ | Comments(0)

ジンジャー

こんにちは。
Aromaticstyleのホームスです。

Farmer's Marketで販売されている
根っこ付きのフレッシュジンジャーを
毎週たっぷり買い込んで(笑)
ひとり生姜クラブで盛り上がっている私です !(^^)!

フレッシュなユズがお店に出ていたので
ユズ入りジンジャーハニーを作ってみました♡
c0334300_221167.jpg

レシピは簡単です
//////////////
*生姜 80g(皮を剥いた重さ)
*テン菜糖 60g
*はちみつ 20g
*レモン汁 小さじ1
*ユズの皮 少々(なければオーガニックレモンの皮)

下準備:ジンジャーハニーを入れる容器を煮沸する
①生姜約70%はすりおろし、30%は細かく刻む
(こうすると食感が変わって、しかもジンジャーの味がするんです)
②生姜とテン菜糖、蜂蜜を火にかける
③くつくつ沸騰して水分が出て来たら上澄みを奇麗に取り、
レモン汁とユズの皮を入れる

/////////////

冷蔵庫にて2週間を目安に召し上がってくださいね。
アレンジとしては・・・
*炭酸と割ってジンジャーエール
*葛をいれて(とろみをつければ喉に良い)
*パンにジャムとして

たくさん楽しめますので是非どうぞ。

c0334300_6305080.jpg


今日はそのジンジャーの効能について掘り下げてみたいと思います。
アロマセラピー精油の成分にはセスキテルペン炭化水素の
ジンジバレン(Zingiberene)が35%以上含まれており、
関節の痛み軽減や、二日酔いの軽減などに使われます。

ハーブティーとして飲む場合は、
ジンジャーの皮近くに多く含まれる成分があります。
*ジンゲロール(Gingerol)
*パラドール(Paradol)

これらを100°以下で熱処理されることによって生じる

*ショウガオール(Shogaol)
*ジンゲロン(Zingerone)

に変換されるのです。

熱を加えられたショウガに多く含まれる
ショウガオールやジンゲロンは、
身体を温めたり、脂質代謝を高めたり、咳を鎮めたり、
関節痛を緩和したりする効果があります。

どうりでこのお茶を飲むと体内から
熱がでてきたように温まるハズ♡

生の生姜をすりおろして保存する時は
香油成分が揮発してしまわないように、
出来るだけすりおろした直後に食してくださいね。

生姜の驚くべきパワーの秘密をもっと
解き明かしていきたいと思います〜!

皆さんも秘密をご存知であれば教えてください〜☆
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-11-09 17:01 | ハーブレシピ | Comments(0)

フレッシュジンジャー

今年のロサンゼルスは
長かった夏も終わり、
朝晩急に冷え込むようになってきました。

皆さん冷え対策はどうされていますか?
私はもっぱらジンジャー派でございます。

ジンジャークラブなるものがあれば
是非入会させていただきたいくらいジンジャー女です。


ファーマーズマーケットで新鮮な
フレッシュジンジャーが出ていたので即購入しました。
お寿司のガリなんかをつくるあの新生姜です。
土の中から出て来たばかり。
生命力に溢れています〜!!おおぉおお〜
c0334300_45279.jpg


最近はコンピュータに向かって
作業をする時間が長くなって来たので、
ジンジャーと会話しながら進めております♪
『あなたやっぱり若いわね』とかいいながら(笑)
補足ですが、新生姜はヤングジンジャーとも言われます。
c0334300_4591255.jpg

今日は紅茶をベースにジンジャーをたっぷり入れて体温アップ。
体がポカポカしてきます。


Herbal Food Coordinateでホットワインのレシピもアップしています。
覗いてみてくださいね。こちら
スパイスやハーブで寒い冬を楽しく過ごして行きましょう♪
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-11-05 04:36 | ハーブレシピ | Comments(0)

エディブルフラワーとイチゴのババロア

エディブルフラワーとイチゴのババロアレシピをアップしました!
可愛らしいお花達は乙女心をくすぐってくれます♡
c0334300_10375088.jpg


レシピはこちらから
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-10-24 10:38 | ハーブレシピ | Comments(0)