Aromaticstyle

aromaseed.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アロマセラピー( 20 )

Aroma + Yoga  セルフメンテで【美調整】ワークショップ♪


こんにちは。
Aromaticstyle のホームスです。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます♪
今日はクラスのお知らせです。



===================

**AALA主催 5月の自然療法講座**
セルフメンテで《美調整》ワークショップ
===================




c0334300_04003532.png



こんなお悩みをお持ちではありませんか?
・肩こりがある
・体が冷えている
・頭痛がある
・エクササイズ後の疲労感が激しい.....など





あなたを悩ませる様々な不調は、普段からの姿勢と、
日々のメンテナンス不足が原因かもしれません。
激しいスポーツやエクササイズをしても次の日にその疲れが取れていない…
これには理由があるのです。
このワークショップではアロマセラピーの
薬理作用が体内に働きかけて
あなたが最も良いパフォーマンスを実現できるように、
【 学ぶ + 体験 】を通じてセルフメンテナンスの方法を学んで頂けます。








今回、ヨガ講師の美香先生と、スポーツアロマ講師の奈津子先生の夢のコラボが実現しました。
アンチエイジングの第一歩は姿勢を正すこと。
そして自分自身を日々ケアすることから始まります!






自分でできる《美調整》の基本を学んで、
より健康的な美しい毎日を…
どんな方でも今日から身近に感じてはじめられる、知識がつまっています。
自然の恵みであるアロマセラピーと、先人の知恵であるヨガで、
暮しに花を添えていきましょう。






講師:Schulken 奈津子、飯塚美香
日程:5月17日(水曜日)
時間:10:00-12:30pm
費用:$38
場所:アクアビューティーハウス
R.P.V.(Rancho Palos Verdes)
(参加者の方に後日住所をお知らせいたします。)

※託児は5名まで受付けています。
ご希望の方は年齢、月齢と共にご相談ください。

持参するもの:ヨガマット、お水、タオル

当日は楽な格好でお越しください。
連絡先:飯塚美香 mika@yogapadmas.com
Schulken 奈津子 wahineinnerbeauty@gmail.com



[PR]
by aromaticstylelove | 2017-05-02 04:05 | アロマセラピー | Comments(0)

アロマセラピー/月に一度の基本講座



こんにちは。
Aromaticstyle ホームスです。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます♪


手作りコスメだけではないですが
新しいことを学んだり、始めるって
なかなか勇気がいるものですよね。


手作りコスメ作ってみたいな〜っと
思っていても中々ハードルが高いように
感じられるかもしれません。


c0334300_00044098.jpg


でも自分で使うものを手作りして
それを身にまとうと
心が休まるのを感じるひとときが増えるのです♡


日常にササっとひと塗り。



今日はそんなアロマクラフトコースのお知らせです。

////////////////////


アロマセラピー【初級コース】


【初級コース】の第一回目の内容は....
○アロマセラピーの歴史(筆記)
○基本のリップの作り方(実技)


アロマセラピーって
どんな時から
どんな国で使われて
どういう風に
現代に受け継がれてきているのでしょう?


アロマセラピーと聞くと
最近の自然療法だと思われていますが
昔から植物が体にもたらす不思議な力を
人々は体感していたのです。
....そんなことを学んでいただきます。



そしてクラフトは基本のリップバームを作ります。
冬場は特に乾燥して唇も荒れやすくなってきますよね。
そんな時にお肌や唇を保護してくれる
【天然素材】を使ってリップバームを作っていきましょう♪


c0334300_00050028.jpg
c0334300_07275383.jpg


【初級クラス詳細】


日にち:2月24日(金)

時間:10時30分〜12時30分
(その後にナチュラルスィーツのお茶タイム)


場所:お申し込み確定後、こちらからご連絡させていただきます。

費用:$45

費用に含まれるもの:
テキスト
リップ丸型
リップスティック
ハンドメイド用の精油
ナチュラルスィーツ


/////////////////////////



お申し込みはこちらよりお願いします→









[PR]
by aromaticstylelove | 2017-02-13 08:18 | アロマセラピー | Comments(0)

小さな楽しみの日♡



アロマやハーブという自然療法で
自分自身を癒し、満たされて
自分らしくありたい♡



Aromaticstyleのホームスです。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます。




今日のロサンゼルスはポカポカお天気058.gif
月に一度の小さな楽しみの為に
車で約一時間、
えっちらほっちら出かけてきました^^
c0334300_03545402.jpg

アロマアドバイザーを習得して
アドバンスコース
AALAメンバー



そして国際的なライセンス
IFPAのセラピストとなった方がいます。
Face skin care
鶴居クリスティン早苗さん
パサデナでスキンケアサロンをオープン。




彼女はとても努力家さん。
お客様の為にどんな努力も惜しみません。





彼女のあり方は
『あのお客様はお肌が弱いからピーリングはNG』はもちろん!のこと....




『あのお客様は、寒いのが苦手だからお部屋を暖かくしてお待ちする』
『あのお客様は、すぐに気持ちよくて眠くなるから説明は簡単に』
『あのお客様は....




ッどっっ..どんどん出てくる〜〜@@
......お肌のカスタマイズトリートメントはもちろんのこと




お客様のクセ
好み
どうしたらこの時間を快適に過ごしてもらえるか?




にこだわり、
とことん追求している
エスティティシャンの方です。

c0334300_07064178.jpg


私もセラピストであり
スキンケアの施術を施す側ではありますが
彼女のような真摯で努力を惜しまない
セラピストさんはあまり見かけたことがありません。



自分の為の時間を過ごしたい
お肌の調子を整えたい
リラックスしたい...



という方はオススメです♪



彼女のフェイシャルトリートメンは
癒しの時間を
快適に過ごせる為に
たくさんの工夫とセンスが
キラリ☆と光っています。


c0334300_07110178.jpg

Face Skin Care by Christine
1828 Fletcher Ave, South Pasadena CA 91030











[PR]
by aromaticstylelove | 2017-02-02 03:19 | アロマセラピー | Comments(0)

IFPA カンファレンス 2016


こんにちは。
Aromaticstyleのホームスです。
いつもブログに遊びに来てくださってありがとうございます♪


ブログのアップがかなり遅れてしまいましたが042.gif
c0334300_07365161.jpg

11月5、6日 日本の大阪で行われた
IFPA Japanカンファレンスに
Face Skin Care 早苗さんと
参加してきました。

c0334300_14354259.jpg


今回の目的は認定校として
日本のアロマ事情を学び、
IFPA理事に就任された
フローレンスさんにご挨拶を兼ねてです。




理事のフローレンスさんは
とても前向きでエネルギッシュ!
IFPA団体がイギリス政府の認可団体となるべく
尽力をされている方です。



『セラピストとして理想の働き方』
ができるよう地位向上を目指して



イギリスから世界20カ国以上の
IFPA会員、認定校へ向けて発信し、
とりまとめていらっしゃいます。



これからも世界中のネットワークを密に
アロマセラピスト団体として
大学研究やエビデンス、臨床研究などもふまえ
業界団体の地位向上を目指して行くとお話してくださいました。


c0334300_08013103.jpg




Aromaticstyle出店ブースからは
アメリカ・セドナで抽出された
ピニョンパイン、カリフォルニアジュニパー精油など

アメリカで抽出された精油
ハーブティー
ミネラル化粧品

などを紹介させていただきました^^



ミネラル豊富な土地で育った精油の香りを
『香りが生きているみたい!!』と表現して
下さったお客様もいらして(涙;;)
気に入っていただけたようで嬉しい限りです♪



偶然にも英国留学中にお世話になった
セラピスト仲野智子さんとの久しぶりの再開を楽しめました♪
ずーーーと笑いっぱなしの二日間!!
そんな彼女は現在大阪でセラピストとして活動されていらっしゃいます。

c0334300_13334387.jpg

英国留学中にご縁があった方とこうして
また巡り会えるなんて(大げさかもしれませんが・・笑)
私にとっては奇跡のようなことなのです。
一期一会とはまさにこのことですね♪





そしてもうお一方。
滋賀県でトータルビューティーセラピストとして
活動されている
Holos Loa  井上美香さんにも
偶然再会することができました。

c0334300_14274365.jpg

ロサンゼルスでアロマセラピーを学び
その後日本へ帰国。
ベトナム医道・ディエンチャン
でフェイシャルを極めた
美を追求するセラピストさんです。


セラピストは資格を取得しても
常に知識と技術の向上が必要です。
それを実践する彼女の行動力は素晴らしく、
今回初めて施術を行ってもらいました。
これらの器具を使って・・・

c0334300_14295157.jpg

ディエンチャンの感想は・・・


めっちゃ痛い(笑)



*文字大きくてすみません、あまりにも痛かったもので。

でも終わった後は
じわじわホッコリ体が温まり〜
狭まっていた視界が広くなり
時差ぼけもなくベストな状態で
皆様と交流することができました。
自然療法って素晴らしいですね^^

ディエンチャンを日本で広められている
IMSI校長 富田サンにミネラルメークを
してさしあげました。お肌がとっても綺麗♪

c0334300_14325729.jpg



分科会で素晴らしい講義内容を発表してくださった
Jasmin organics アネルズあづささんと。

c0334300_14391666.jpg
c0334300_14402785.jpg

世界中の農家より
精油を皆様にお届けする側として
Aromaticstyleも常に意識している点です。

自然なものであれば安全であるという
図式は必ずしもあてはまるものではありません。

精油を提供する側として
いかに管理を徹底して
安心な商品をお届けできるか。
このことを改めて考えさせられる
貴重な時間となりました。



最後に
くま先生こと田村祐樹先生の
サイモントン療法の講演、
c0334300_15324288.jpg

熊谷千津先生の
バリア機能を回復させる精油研究
c0334300_15333371.jpg


宮武直子先生の
ジャスミンサンバックの
吸引・塗布によるストレス変化

c0334300_15344744.jpg

など盛りだくさんの発表で
アロマセラピーの研究とエビデンスを
探求し続けていきたいなと思っています。


アロマセラピストとして
『資格』は大切な要素ですが、
その資格で自分を守るのではなく、


自分の知識と技術で
お客様にどうしたら喜んでいただけるのか?
どう世の中に貢献できるのか?


この事を原点におきながら
これからも精進していきたいと思った
IFPA Japan カンファレンスでした。




ジャパン・エコールデ・アロマセラピーのギルさん、
ティリアの塩田さん

素晴らしいカンファレンスを主催してくださり
ありがとうございました。
心より感謝致します。





[PR]
by aromaticstylelove | 2016-11-10 07:20 | アロマセラピー | Comments(0)

セドナ旅行 その1 sanpo


夏休みの家族旅行で
アメリカでも有数のパワースポット
セドナへと行ってきました
Aromaticstyle のホームスです♪



富士山、キリマンジャロ、マチュピチュ、エベレスト
セドナ、シナイ山、シャスタ。
これらは世界7大聖山と言われていて


==============

それぞれの地域や国で
神が宿る山、または歴史・宗教上
重要な出来事が起こった場所として崇拝され、
大切に守られて来た歴史があるのです。

==============

ほうほう^^
何だか導かれているような感じで
ワクワクしますね♪




ロサンゼルスからは車で8時間。
3歳の子供と一緒に長時間運転は簡単ではありませぬ(笑)


陽が昇る前の、暗いうちから出発し、
砂漠地帯をひたすらぶっとばして
見える風景は、ほぼ空と大地の境界線のみ。
アメリカはやっぱり広いーーーーー!!


c0334300_14551553.jpg



ゴツゴツとした岩山が見えて
少しずつ風景が変わってくるのがわかります。

c0334300_15020270.jpg


セドナ近くになると
地質、地面の色が赤褐色に変わり、
突如としてそびえたつ岩山が
まるで私達を歓迎してくれるかのようです。

わーーーーい。もうすぐだわ♪
c0334300_15033681.jpg



堂々とそびえ立ち男性的なエネルギーが集まると言われている
ベルロックのヴォルテックス。
まるで勇者のように美しいフォルムです。

c0334300_15053687.jpg


男性的なヴォルテックスからは
決断力と勇気を授かれると言われています066.gif


*ビジョンをしっかりと描いていける
*自分で人生を切り開いていける


というような 自立的なエネルギー で満ちています。




ほうほう^^
何だかね、ホントに心の中から湧き上がってくるかんじです。
恐れを手放し、ただその地場から
発せられるエネルギーに身を委ねてみる。
ただそれだけでも自分の心が覚醒してくるよう。






Vortex/ヴォルテックス(渦巻き)とは
ネイティブアメリカンによって言い伝えられ、


==============

大地からの強いエネルギーが渦巻きのように
放出されている場所で、
神秘的なパワーが人々に癒しを与える
場所として表す言葉になったようです。

==============



もうね何だか、暑さとか、生温い風とか、ドライな空気とか
この景色に向き合って、たたずんでいるだけで
悩みなんかがふっとんで
もうどーでもよくなってくるんです。
自分達は自然界の中で活かされているんだなって。


c0334300_15105359.jpg
c0334300_15090187.jpg




こちらはAirport Mesaからの風景で
セドナ全体のヴォルテックスが見渡せる絶景の場所。
こちらも男性性のヴォルテックスです。
c0334300_15172593.jpg
c0334300_15512349.jpg



このねじ曲がった形のジュニパーは
この土地ヴォルテックスのパワーの影響だとされています。
ここからの絶景を見ながら


ひとーつ、ふたーつ・・
大きく深呼吸するだけで
体と心が溶けて大地と一つになっていく感覚です。

c0334300_15542349.jpg





小高い丘にポツンと建てられた
Chapel of the holy cross
フランクロイド・ライトの弟子だった
マーガレット・スタウドがデザインし
レッドロックの上に建てられたモダンな教会です。
周りのレッドロックの風景に溶け込むその建物は
まさに・・芸術的

c0334300_16434892.jpg



c0334300_15590017.jpg






果てしなく続く広い青空
夜は満点の星空が広がり、
神秘的な月光を放つ空。

そんなセドナの空を見ながら
深呼吸をすると

時を超えて、
空間を超えて


この場所に
自分達が生きている、ということが
改めて奇跡であって
感謝の連続なんだなーーーーって。



そうこうしているうちに・・



山のお天気は移ろいやすいもの。
いままでの青空が一変して
こちらは雨が降り始めた風景。


こんな予測できないお天気も
人生模様みたいで
面白い。
c0334300_16004813.jpg
c0334300_16363346.jpg


とにかく神秘的な場所、それがセドナです♪
も少しセドナ旅行記続きます。




[PR]
by aromaticstylelove | 2016-07-25 17:00 | アロマセラピー | Comments(0)

習慣化すれば大丈夫!


こんにちは♪
Aromaticstyleのホームスです。
ブログに遊びに来てくださってありがとうございます。



新緑の美しい季節になりました。
子供達とお散歩していると、どこからともなく
ジャスミンの香りがふ〜んわり漂ってきます♪
チューリップ達も私達を楽しませてくれますよね。
そんな小さな事を発見するのが
楽しみになってきた今日この頃。



c0334300_09562387.jpg

えーーっコホン。
知っておられるかもしれませんが・・



私のお仕事はアロマセラピスト。
アロマセラピーの楽しさをお伝えする
という事を軸にお仕事をしております。




先日、生徒さんから



『アロマセラピーアドバイザーの
資格を修得しても
なかなか生活の中に取り入れるのを
忘れてしまって
アロマ精油の効能を忘れてしまうのです・・・』




というお悩みを聞きしました。
こういうお悩みはよくある事で
私からお伝えしていることは・・・




==============


大丈夫ですよ^^
ただ習慣になっていないだけですから。


無理にアロマの効能知識ばかりを詰め込まずに
『あ〜いい香り〜〜♪』
という、あの感情をもう一度思い出してくださいね。



===============



とお伝えしています。



アロマセラピーもハーブ療法も
全ての自然療法は
自分自身が毎日生活に取り入れる事から
始まります。




知識が自分の中で腑に落ちる瞬間というのは
行動を起こし、知識と絡み合って
初めて自分の中にインストールされるのです。




言ってみたら
腑に落ちる瞬間っていうのは
電撃マシーンにバリバリ衝撃をうける(笑)
大げさですが
そんな感じでしょうか。

『あっ、こういう事だったんだなーー』って。



毎日行っている歯磨きのように
意識せずにさらりと
自然療法で自分をケアする術が
身に着いていけば




きっと周りの人から
『少し教えてくれませんか?』と
自然と集まってくるでしょう^^





自然療法が習慣として身に着いている方からは
なーんだか特有の
美しいオーラが発せられるんです。
と、これ実際に言われたことです。




まあ、美しいかどうかは別として(笑)
アロマセラピーを生活の中に取り入れて
良い心地の中で生活すると
自分が楽しくなって
ワクワクする♡
そんな生き方が伝われば嬉しいな、と
常々思っています。



人は何でも習慣化するまでに
約21日間かかると言われています。


*ほっこりタイムにハーブティーを飲む

*朝起きてすぐにディフューザーを焚いて香りを楽しむ

*ゆっくりと深呼吸をして呼吸を整える

*瞑想する時間をとって自分と向き合う

*豪華でなくても、新鮮な食材を使ったお食事をいただく



などなど21日間
少しずつでもよいので毎日忘れずに続けると
体の感覚が変わってきます^^



そこから意識、行動パターンが変わり
さらには生活そのものが変わってきます。




そして、いつしか人生も大きな変化の波に入り、
思いもよらなかった次元へと運ばれていくのです。
まさに習慣化こそ、最強のマジックです。





この習慣化には、
ちょっとした落とし穴があるのです(笑)




継続しようとすると、
ふとした瞬間に浮かんでくるあの感情です。


あ・い・つ



(面倒だなー)
(今日は忙しかったからま、いっか)
(今やらなくても後で)
(時間がないからインスタント食品ですませちゃお)



といった、心の奥底からの悪魔君達のささやきです(笑)




これは当たり前の行動心理なのです。

=============

なぜなら、人はどんなに変わりたいと願っていても、
心の底(潜在意識)では
昨日と変わらない同じ
今日という日を
過ごしたいと願う生き物だから。

=============


でもね、
でもその葛藤にぶつかっている
あなたはもうすでに



変化の波に入っているのですよーーーー^^
ヤッホーーーー!



と、教えてあげたいです♡



今日も自分の体の声に
耳を澄ませて
あなたらしく過ごす事ができますように。



最後まで読んでくださりありがとうございます♪
今日のカリフォルニアの夕焼けはとっても綺麗でした。

c0334300_03143396.jpg



[PR]
by aromaticstylelove | 2016-05-17 09:54 | アロマセラピー | Comments(0)

サイプレスとヒノキの違いについて

こんにちは♪
Aromaticstyleのホームスです。
いつもブログに遊びにきてくださってありがとうございます。

さて、今日はサイプレスとヒノキの違いについて
質問がありましたのでシェアさせていただきますね。

結論からいいますと・・・

ーーーーーーーーー

サイプレスとヒノキは同じヒノキ科の植物ですが、
属と種類が違う植物です。
ヒノキはジャパニーズサイプレスまたはFalse Cypressと呼ばれ
ここ数年海外で浸透してきました。

ーーーーーーーーー
サイプレス
c0334300_53373.jpg


ヒノキ
c0334300_561752.jpg



植物学を理解するにあたり、
最初に知っておきたい事
植物の全ての品種は 科・属・種で 表されます。

アロマセラピーで知っておきたいのがケモタイプです。
植物の 科・属・種 が全く同じでありながら、
精油の中に含まれる成分の割合が大きく違うもの
をさします。

厳密にいいますと、同じ家族系統(科)ですが
育った環境(属や種)が違うため、
全く成分(考え方や好み)が異なってくるということ。

同じ家族でも皆それぞれ個性があって
出会う友人や先生、そして置かれた環境によって
兄妹それぞれ違う思考を持つということですかね^^

さて、ケモタイプの事は長くなるので
また後日シェアさせていただきますね。


続けます。


植物のプロフィールを見ると、
ミカン科、イネ科、ヒノキ科・・・
など必ず属する科名が記されています。

同じ国に住む人達の考え方や習慣が似ているように
植物も属する『科』によって似通った性質をもっているのです。

ヒノキ科(cypress family)に属する植物は
サイプレス、ヒノキ、ジュニパー、シダーウッド、ファーなどがあります。

サイプレス
Cupressus sempervirens

ヒノキ
Chamaecyparis obtusa

このようには同じでも、属と種類がちがうのです。

では成分はどうでしょうか?
サイプレスの主成分はαーピネン、δ−3カレン、セドロール、が主成分であるのに対して、

ヒノキの主成分はαピネン、サビネン、ミルセン、
テルピネン、ボロニルアセテート、ボロネオール・・・など
複雑な成分から構成されています。
(ちなみに抗菌性のあるヒノキチオールという成分は
台湾、青森のヒバには含まれますが
それ以外の国産のヒノキには含まれていないそうです。)

サイプレスとヒノキ
共通して期待できるのが

*自律神経調整作用
*神経バランス回復作用
*静脈鬱血除去作用
*リンパ鬱滞除去作用
*抗菌作用

などになり、

・一日中パソコンに向かっていて思考がグルグル・・・
リフレッシュしたいな〜

・今日はずっと立って作業をしていたら足がむくんでパンパンなんです。

・たくさん汗をかいたあと、汗や足の匂いが気になります。

・お部屋やキッチン周りを清潔に保ちたい!



などの思い当たる場面がある方にはオススメです。


今回注目したいのは『ヒノキ』
ヒノキはベースノートの香りで
私達をリラックスへの世界へと連れて行ってくれます。
瞑想をしたり気持ちを落ち着かせたい時、
脳内の副交感神経の働きをを優位に保ってくれるため
就寝前のセルフマッサージや芳香浴にはピッタリの精油なのです。

日本古来の和製精油『ヒノキ』を楽しんでみませんか?


サイプレスで爽やかに♪
ヒノキ精油で一日をリセットケア。
気持ちのよい一日を過ごせますように☆
[PR]
by aromaticstylelove | 2016-01-11 05:33 | アロマセラピー | Comments(2)

ジャスミンサンバックCO2

皆様こんにちは。
Aromaticstyle
ホームス知子です。

今日は新しく入荷した
ジャスミンサンバックCO2精油についてです。

c0334300_7315849.jpg


現在Aromaticstyleでは2種類のジャスミンを
お取り扱いさせていただいています。

*ジャスミングランディフローラム/Abs
*ジャスミンサンバック/CO2


これら精油の大きな違いは2つあります。

1)抽出方法
2)香り


1)の抽出方法の違い
Jasmine grandiflorum Abs(アブソリュート)は溶剤抽出法で抽出され、
Jasmine sambacはCO2(二酸化炭素抽出法)で抽出されています。

アブソリュート抽出法
香りは濃厚ではっきりとした香りです。男性的な香り。
①溶剤抽出法から抽出されたアブソリュートオイルは、
植物の芳香成分を良く溶かしだす揮発性の有機溶剤
(石油エーテル、ヘキサン、ベンゼン)を使用して抽出されます。
花を溶剤に浸し、香り成分を溶剤中にうつす方法です。

②香り+溶剤から溶剤だけを回収します。
このとき溶剤の除去後に得られた抽出物はコンクリートと呼ばれ
精油分の他にワックス成分が(50%ほど)多く含まれます。

*こちらがミモザのお花のコンクリート。
と〜っても甘い香りがして、ペロっと飴玉みたいに食べたくなるような
美味しそうな甘い香りがします。ガマンガマン・・・
c0334300_6462259.jpg


③ワックス成分を除去し、精油のみを得る為にエチルアルコールで
再抽出されます。
このときエチルアルコールとワックス成分は分離しますので
最終的に赤褐色でやや粘質のあるアブソリュートオイルが得られるのです。

こちらがアブソリュートの色
c0334300_6595684.jpg

とても奇麗な色をしています♪

CO2抽出法
香りは柔らかく、ふんわりとした女性的な香り。
1970年代以降、大型機械を導入しての抽出方法ですので
重厚な設備を必要とし、生産コストが高い点が問題点でした。

①植物を釜の中にパックし、二酸化炭素を注入していきます。
ある一定の温度まで達すると二酸化炭素が気化され、
高圧にすることで液体化し、その液体が溶剤の働きをします。
二酸化炭素を高圧にすることで気体と液体の中間の
超臨界状態になり、この超臨界状態で二酸化炭素は精油成分を
強く吸着するのです。

②再び気圧/温度を下げる事で二酸化炭素を気化し、
抽出物から二酸化炭素を取り除くのです。
そうすると精油成分だけが残ります。

この方法で水蒸気蒸留では分子が大き過ぎて
取り出す事の出来ない成分も抽出することができるため、
溶剤などの成分残留も気にせずに
自然の植物中に存在している状態に極めて近い形のまま
上質な精油を抽出することができるのです。

もっと簡単に言えばCO2抽出法は・・・
①低温抽出のため、抽出過程で精油成分の変化が少ない
②香りがまろやかで、ほぼ天然の植物の香りに近い
③残留成分がないため、安全性の高い精油となる

こちらがジャスミンサンバックCO2が抽出される
二酸化炭素抽出法の設備です。
c0334300_7234181.jpg

ディスティラーのラムラップさんが
送って来てくれた工場内の写真です。
こちらの工場はISOスタンダードを取得している
インドではかなりしっかりとした取引先で
私も信頼をおいております。


ということで
香りの好き嫌いにもよると思いますが、
*お肌の基礎化粧品
*治療用ジェルやクリーム
などを手作りする場合は
ジャスミンサンバックCO2をオススメしております。

みなさんも何かハンドメードコスメを作った時は
是非教えてくださいね〜!

Jasmine Sambac CO2はこちらから購入できます。
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-11-15 00:05 | アロマセラピー | Comments(0)

ハンドマッサージ 敬老ホーム

今日は毎月一度行われているボランティア、
敬老ホームにてハンドマッサージの日でした。
c0334300_6302342.jpg


今日は4名での
ゆったりとした雰囲気の中で始まりました。
c0334300_632631.jpg

c0334300_6342839.jpg


おじいちゃん、おばあちゃん達と
たわいのない会話からはじまり、
手の冷たさを感じたり、
動きにくい指をいたわりながら
少しずつマッサージして

心も指先も
少しずつ温かみを感じる

そんなハンドマッサージです。

今日は103歳のおばあちゃんに
お会いする事ができました。

103歳のおばあちゃんの手は
冷たく、動きにくい指先でしたが

少しずつおばあちゃんの表情が
和らいでいくのを感じました。

おばあちゃん達の元気な声や
にこやかな表情をみている
私達の方が
癒されているのかもしれませんね。
c0334300_6384095.jpg

[PR]
by aromaticstylelove | 2015-10-29 06:13 | アロマセラピー | Comments(0)

香りで症状を癒す

最近日本でも若くして芸能界の方がお亡くなりになったりと
多くの方がショックを受けていると思います。

私は祖母を乳がんで失くした事もあり
祖母の記憶はお仏壇に飾られた写真のみしか残っていません。

乳がんは遺伝性の可能性もあるため
夏に帰省したときに日本で乳がん検診を受けてきましたが
検診を受けるだけでも何だかドキドキ緊張してしまいました。
それくらい女性にとっては人生を
とても大きく左右する病気なのだと思います。


女性特有の病『乳癌』という病について
アロマセラピーで何か改善できますか?
という質問をよく受ける事があります。

アロマセラピーで何ができるのか
そしてその禁忌について私なりに書いてみたいと思います。

c0334300_5594451.jpg


今は日本人の2人に1人は何らかの癌になると言われ、
アメリカでは7〜8人に1人が乳がんになると言われています。
2015年以降にはもっとその率が多くなると予想され
医療技術の進歩で早期発見、治療が進められていますが
まだまだ『こころ』のサポートまで追いついて
行かないのが現状だと感じます。

乳がん患者として伝えられると
様々な抗がん剤治療や放射線治療にホルモン剤治療など
手術で女性としての自信を喪失されたり、
副作用から来る身体の不調に悩まされ、
とにかく経験した事のない不安や緊張感が続くといいます。

数年前に乳がんを発症したAさん(48歳)は
抗がん剤と放射線治療を受け
現在もホルモン剤治療を無月経にする為に行っています。

治療の副作用で腕がしびれたり、冷えが増すという
身体に現れる症状のみならず、
気分が重く誰とも会いたくないという気分になるそうです。

そんな症状には背中や足などの
局所マッサージも効果はありますが、
リンパなどを強く揉みすぎない事が大切です。

プロのセラピストの方がいらっしゃらなければ
手軽にできる足浴をオススメします。
冷え、むくみ、だるさ、倦怠感など
痛みからくる不快感を軽減してくれるでしょう。

ではどんな精油がおすすめなのでしょうか?
基本的にはご自身で心地よいと感じる香りが
その方ご本人を癒す香りです。
比較的安心して使えるのが

*真正ラベンダー(Lavendura angustifolia)
リナロール成分には鎮静作用、血圧降下作用、抗菌、抗真菌
などの作用があります。
*スィートオレンジ(Citrus sinensis)
アップリフティング効果で沈んだ気持ちをリフレッシュしてくれる作用があります。
*ユーカリプタス(Eucaryptus radiata)
*ヒノキ(Chamaecyparis obutusa)
αーピネンという物質がリンパ球の生産を促進し、免疫力を高める作用もあります。

その他フランキンセンスが免疫力アップに良いとされているデータもありますが
まだはっきりとした具体的な数値のデータが取られていません。
(下記ロバートティスランドより参照)

そして使ってはいけない禁忌精油もあります。
具体的にはホルモン様作用やエストロゲン作用のある精油です。
芳香分子で言うならば
ケトン類のα-ツヨン、β-ツヨン、
ジテルペンアルコール類のスクラレオール、
フェノール類のトランスアネトールを含む

*スターアニス
*フェンネル
*クラリセージ
*セージ
*ニアウリ
*キャロット

などは使用してはいけない精油となりますので
注意が必要です。

また治療後はお肌なども敏感になっていますので
ベースオイルに対して精油は1%の稀釈で使用し、
手浴、足浴、芳香浴などから楽しむ事をおすすめします。


アロマセラピー以外にも
世の中には様々な補完療法はありますが、
それぞれご本人がご自分の体調にあった方法で
ご自身を癒す方法を探される事がまず一番です。

ひとつ言える事は、
ガンになることは悪い事をした罰でもなく
間違った生き方をしたわけでもないのです。

病気になる予防をするのはとても大切な事だとは思いますが、
お酒を飲んでも
タバコを吸っても
不摂生な生活をしても
癌にならない人はたくさんいます。
100人いれば100通りの反応が違うからです。
人間にある6兆個とも言われる細胞を
完璧にモニターすることは不可能だと思うから。

どんな方法であろうと
人それぞれみんな
自分自信で病気を治す力があるのです。


アロマセラピーで出来る事は、
ディフューザーなどで香りを楽しむ事から始めてみてください。
ゆったりのんびりした気持ちで
ご自分が心地よいと感じる香りを見つけていきましょう。

どうかアロマセラピーが少しでも多くの方の
こころの支えとなりますように。
c0334300_5574981.jpg


(以下ロバートティスランドより抜粋)
Many essential oils have protective & antioxidant effects on our cells, and there is a reasonable chance that they will do the same for cancer cells – protect them from the chemotherapy – which of course would not be a good thing. This opinion is shared by many. It probably sounds odd – you’re thinking that frankincense oil should kill cancer cells and not protect them – but the only evidence for killing cancer cells (apart from one skin cancer report) comes from a few lab tests when high concentrations were used.
Moderate amounts of EO will not kill cancer cells, but could protect them. And taking large amounts of essential oil could very well interfere with the chemotherapy itself, by increasing or decreasing the concentration of drug-metabolizing enzymes in the liver. By causing a chemo drug to be metabolized more quickly, you reduce the duration of its effect. On the other hand if you inhibit its metabolism you reduce the efficacy of the drug. Neither of these is desirable, and chemo drugs are very carefully dosed for each patient.
For all these reasons, I suggest avoiding essential oils for one week before until one month after chemotherapy. After that time, frankincense oil may help with recovery of white blood cells, as also spearmint, dill and other essential oils.
Incidentally, almost all of the research on frankincense and cancer is on the extract, which contains boswellic acid, and not the essential oil, which does not. Frankincense extracts contain around 50% boswellic acid, which is a widely-studied antitumoral agent. However, getting such remedies to the target site in sufficient concentration to be effective is a challenge.
Regards,
Robert
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-10-13 06:02 | アロマセラピー | Comments(0)