Aromaticstyle

aromaseed.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

IFPAメンバー誕生です!

今日はアクアビューティーハウスの亜希子さんとMTG、
その後は卒業生のSさんが正式にIFPAメンバーになったことを
解剖学を担当してくださっている
女性カイロプラクターの内田先生に報告しに行きました♪
c0334300_21432611.jpg


Sさんは
・アドバイザーのクラスからスタートし

・セラピストコースでは
解剖学
アロマセラピー理論
実習
30人分のケーススタディー

・アドバンスコースでは
免疫学
アロマセラピーサイエンス
カラセラピー
ホリスティック栄養学

などの科目をこなし、
約1年間をかけてセラピストとして正式に合格したのです!

アクアがIFPA認定校として正式に認められてから、
初・IFPA本部からのメンバーとして受理されました。

今後もSさんの本職であるエステティシャンとして活動、
アロマセラピーの知識を取り入れて
自分なりのメソッドを打ち出して行って欲しいと思います。

今後もSさんのご活躍楽しみにしています♪

セラピストコース第一期生のMちゃんのベビーちゃん・
レンちゃんもずっといい子にしてくれていました♡
c0334300_2233455.jpg


こうして皆さんの成長と共に、
私達も一歩一歩、
歩むことができて、とても嬉しく思っています。
今後とも宜しくお願いいたします☆
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-06-30 23:28 | Comments(0)

エビスロールクッキングクラス

エビスロールのクッキングクラスに参加してきました。
寂しくなりますが、今日がKazumiさんによる最後のクラス。
c0334300_2264461.jpg


彼女が作るお料理はオリジナリティーに溢れていて
キッチュ、ラスティック、デザイン性、
もちろんのこと味も極めていらっしゃる多才な先生です!
今回の『和』のデザートの上には金粉を振りかけたりと
細部にまでとことんこだわります。
c0334300_5202382.jpg


クラスのあとは試食タイム
c0334300_5272411.jpg

c0334300_52868.jpg


今日のランチはポキ丼にシラッチャソースをかけて
c0334300_5294550.jpg


デザートタイム
c0334300_6423236.jpg


晴れた午後の昼下がり
ランチにデザート
風も気持ちよくって素敵な時間をすごさせていただきました。
エネルギーチャージしてまた頑張れそうです〜♪
c0334300_6511490.jpg


これからは新たなビジネスを始められるとの事。
今後の活動も楽しみにしています☆
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-06-25 00:06 | 日常生活 | Comments(0)

ロバートティセランド講義 ロンドン滞在記④

滞在最終日の4日目。
朝からサイトシーイングバス(観光バス)に飛び乗って街をオノボリサン♪
その前に、こちらは前日に行った見逃せない英国観光スポット。
ザ・バッキンガム宮殿。
c0334300_843323.jpg


ユニオンフラッグがたなびいていましたので、女王様は不在でありましたが(笑)
この建物を見るだけでも歴史の重みを感じさせる場所でありました。
皇室を維持するのにも多額の税金が投入されているので
国民の賛否両論はありますが、やはり国を象徴するシンボルとして
継承していただきたいと思います!・・なんて私、皇室好きなオバサンっぽいわね(笑)

さて、こちらはウォーミングアップ的に
近場のシャーロックホームスの発祥の地、リージェントストリート。
映画でも出てきましたよね。
近くにはリージェントパークもあり、白鳥が優雅に羽を休めておりました。
ロサンゼルスには鴨はいるんですが、白鳥はいないので珍しいのです〜♪
c0334300_8183698.jpg


さてロンドン観光バスに乗って
ウエストエンドとイーストエンドを探索します。
気がついた事。
街中が15年前と比べてとても奇麗になっている〜!
オリンピックの影響で街が整備され、それによって街が生まれ変わり
歴史的建造物と現代建築がうまく融合されて、
ため息がでる美しさです。
今日のダウニングストリート(首相邸宅)は静かでした。
c0334300_14444055.jpg


次は市内中心地へ。
リッツホテルでアフタヌーンティーをした事も、
若かった頃、大英博物館の歴史に触れて
自分の価値観がひっくり返った事も、
ピカデリーサーカスでTDKの看板が消えてしまった事も、
15年前で時間が止まっている自分の時計を
少しずつ動かしてみよう。
少しの不安と希望でいっぱいだったあの頃が懐かしい♪
c0334300_152304.jpg


ウエストエンドを抜けて、次はイーストエンドへ
ロンドンの金融街シティーにある証券取引社は世界三大取引所。
イギリス産業革命時代は工場や排出ガスの影響もあり
当時は誰も住みたいと思わなかったイーストエリア。
今はすっかりトレンディースポットと化していたのも時代の変化を感じさせます。
c0334300_15545646.jpg



写真やテレビで見るのと、
本物を自分の目で見て確かめる事は全然違う。

私の両親がよく教えてくれました。
『海外に行って、自分の目で本物を見て来なさい』

今度は自分が二人の子供を持つ親になって、
子供達にもいろんな物を自分の目で見て確かめて
いろんな文化や国の習慣を経験して、
大きく成長していって欲しいな、と思います。

こんな経験ができるなんて本当に自分はラッキーです。
子供が出来てからまた1人で海外に出れるなんて、
思ってもいませんでしたから><
また自分の夢が一つかなったと同時に
サポートしてくれた家族に感謝しています♪

長くなりましたので(というか子供達がマミーと呼んでいますので)
この日の午後の行動はまた次回にアップしていきますね♪

まだまだ後少しお付き合い下さいませ♡
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-06-24 00:42 | Comments(0)

ロバートティセランド講義 ロンドン滞在記③

講義2日目の最終日
c0334300_928757.jpg


精油の経口作用、経皮作用、吸引に関する最新情報から
医学的研究結果までに及び、幅広い情報を私達に伝えてくれました。

酸化していないリモネンはアレルギー反応を示さず、
とても幅広く使用できるということ。
レモンをブレンドすると吸収率がアップする
ということも新たな研究で分かって来た事だそうです。
c0334300_4172326.jpg



c0334300_4175467.jpg



そして誰もが真意を知りたい精油の経口吸収。
確かにラベンダーを飲用する実験も結果として
検証されてきています。
が、しかしこの結果はあくまでも品質管理が行われている精油のみ、
長期的に摂取した例を報告しているわけではありません。
飲めるからと言って、むやみやたらと飲んでいいわけではないようです。
私、個人的には経口はオススメしていませんので参考までに。
c0334300_4224189.jpg


c0334300_4233097.jpg


その他、脳腫瘍や癌、ブレストキャンサーなどの方面でも
アロマセラピーは有効であるとの報告がありました。
その中でも 紫蘇 精油の中に含まれる
ペリラアルコール という成分が
脳腫瘍を煩っている方にとって、とても効果的であることが分かって来たようです。
ブラジル在住、Dr.Clovis Da Fonsecaとの研究結果例を伝えてくれました。
c0334300_7103653.jpg


その他フランキンセンスはキモセラピーを行う2日前まで、
キモセラピーが終わって使用すること。
そうする事で白血球レベルが上がり、
免疫向上に繋がるとのリサーチもありました。

今回の2日間の講義を終えて思った事。
2日間講義でたくさんの新しいデータにふれて
ますますアロマセラピーの奥深さを知る事ができました。
次はこの知識を元に自分なりに消化をして、
自分の知識として取り入れて行きたいと思っています。

ロバートが築いて来たアロマセラピーは
全てエビデンス(科学的実証)を元に発表されていますが、
彼の発表が全てとするのではなく、
今後も自分なりに様々な勉強を重ねて、

自分がどんな知識をもったアロマセラピストでありたいのか?
そしてその知識をどのように自分のセラピーに活かして行きたいのか?


を軸として今後のクラスや
トリートメントに取り入れて行く事ができれば、と思いました。

講義の後に偶然にもティッセランド時代の
先生とお会いする事ができました。
ジェニーハーディング女史。
ジェニーから学んだ事は、私の中でとても大きな位置を占めています。
c0334300_9575122.jpg

著書 The Herb Bible by Jennie Harding
c0334300_10071.jpg


2日間の講義でしたが、
私にとって濃い内容のお勉強、
そして新たに繋がりたかった人たちと繋がれ、
仲間がたくさん増えたことに嬉しく思いました。

同じサブジェクトを語り合える仲間がいるっていうことは、
楽しい事だな〜〜♪と改めて感じた2日間なのでした。
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-06-23 01:03 | Comments(0)

ロバートティセランド講義 ロンドン滞在記②

コホンっ。旅の目的のメインイベントです。
滞在2日目は9時から5時までロバートの講義が
ウェストミンスター大学で行われました。

ガブリエルモジェイ氏とのお話から始まり、
会場は熱意で溢れ帰っておりました。
c0334300_6561087.jpg

c0334300_6535259.jpg
c0334300_657181.jpg


それもそのハズ、
ロバートティセランド、現在講義は一切行っておらず、
イギリスから移住して、カリフォルニアのオハイ(Ojai)暮らし。
アロマセラピーの研究や大学との臨床研究に没頭している事をお話してくれました。

今回はロバートから直接学べるとあって、すぐに定員に達した様子です。
受講者は140名、世界20カ国からの参加で会場は溢れかえっておりました。
ちなみに休み時間に隣の人達とざっと挨拶すると
生物学の教授、心理カウンセラー、臨床医師、看護師、セラピスト・・・などなど
職業も年齢も様々です。

講義に入ると・・・
もの凄いスピードで授業が進んで行きました。
彼が発表する論文、研究発表は全て、
・Evidence(科学的根拠)
・in vitro (試験管内の実験)
・in vivo (生体を用いた場合の反応)
を元に科学的に裏付けされた研究結果です。
ただし生体実験と言ってもマウスですので、
必ずしも人間で全く同じ効果が出るとは保証していません。
(ここがアロマセラピーの難しさでもあり、奥深い所でもあります)

あまりにも膨大なインフォメーションですので
いくつか興味があるものを上げてみます。

ペパーミントが体内
肝臓からの酵素によって分解される構造図や
c0334300_1684692.jpg


ケミストリーに入ると 
ユーカリやその他の精油がGC/MSでどう表されるか、
偽和されている場合の精油のGC/MSの出方など
c0334300_1610094.jpg


新たな研究で詳しく分かって来た
『ティモクイノン』類に属する
ニゲラサティバの種子について。
日本では黒種草とよばれ、
様々な成人病や症状を改善するとの報告・・・などなど
c0334300_16293681.jpg


ここで綴ってしまうと長くなるのでこの辺で。

とても興味深い研究結果の発表で
気になっていた時差ぼけもなんのその。
逆に講義が終わっても、
目がランランとしていた私(笑)
ロバートと一緒に
c0334300_16441925.jpg

ガブリエルと一緒に
c0334300_1649227.jpg




帰りがけにはウィンドウショッピングを
楽しみました♪こちらはコンランで。
c0334300_16251931.jpg


c0334300_16265087.jpg


c0334300_1632072.jpg


c0334300_16513055.jpg


c0334300_1652518.jpg


c0334300_1653573.jpg


c0334300_16534960.jpg


c0334300_16564396.jpg


観光にショッピングにお勉強に
家族には大変なメイワクですが満喫させてもらっています(笑)
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-06-23 00:41 | Comments(0)

ロバートティセランド講義 ロンドン滞在記①

c0334300_236529.jpg

ロンドンの空港に降り立ち
最初に向かったのがホテル・・・なんですが
ホテルに向かう途中の風景があまりにも
ビーチの街、ロサンゼルスと違うので(笑)

もう、全てが新鮮〜!!

ビクトリアン調の建物を見ているだけでうっとり〜♡

王室御用達ハロッズや・・・
c0334300_215828.jpg


Battle of waterlooの戦いでナポレオンからの勝利を勝ち取り、
ウェリントン卿をたたえる為に作られた凱旋門。
ウェリントンアーチ
c0334300_234982.jpg


ホテルに到着したのが4時、
荷物を預けて早速タクシーで向かったのがこちら。

なんと1686年に開園された都会の中のオアシス、
チェルシー植物園です。
c0334300_2533952.jpg


目印のサインも町並みに合わせてひっそりと。
c0334300_321652.jpg


植物園の中に足を一歩踏み入れると
丁寧にお手入れされた植物達が私達の五感を楽しませてくれます♪
c0334300_33316.jpg


植物園のすぐ後ろにはケンジントンの街がすぐそこに。
c0334300_361376.jpg


ネギ坊主ちゃん アリウム
c0334300_38260.jpg


カモマイル
c0334300_385377.jpg


Queen Anne's Lace flower
c0334300_312384.jpg


Valerian 気分を鎮めて安眠に導くハーブ、バレリアン
c0334300_3165610.jpg


この季節になるとバラが咲き始め、
色と香りと手触りと・・すべてを癒してくれます
c0334300_320323.jpg


c0334300_3203525.jpg


ボリジ
c0334300_3212625.jpg


私が着く前にどうやら雨がふったようです
c0334300_3225238.jpg


植物園内には未来の子供達へ説明するお部屋も可愛らしい〜♪
c0334300_3241572.jpg


ひと歩きした後は一休み。
一足早くお仕事を終えた方も今のイギリスの季節を楽しんでいるようです
c0334300_3251555.jpg


チェルシー植物園を後にしてからは
テムズ川沿いにそって、てくてく歩いて帰ってきました。
15年前のロンドン留学時代を思い出しながら。
c0334300_331155.jpg


今の季節ロンドンの街並はとっ〜ても
奇麗すぎて美し過ぎます〜〜☆
c0334300_3324510.jpg

[PR]
by aromaticstylelove | 2015-06-22 23:04 | Comments(0)

ロンドンへ出発!

c0334300_16111164.jpg

明日からロンドンへ5泊6日の旅へ行ってきます〜。

ウエストミンスター大学で行われる
ロバートティッセランドの講義を受講しに
ロサンゼルスからロンドンまでひとっ飛び。

私は主人からも、家族からも、両親からも
お友達、生徒さん、、、
たくさんの素晴らしい支援を頂いています。

子育て世代のお友達からは
『いいね〜♡』と。
本当にその通りだと自分でも思います。

もう感謝の気持ちで心がいっぱいになります。

今回は日本から
私の母が孫に会いに、
そして子供達のサポートも兼ねて来てくれました。
c0334300_1610691.jpg



私がTISSERAND INSTITUTEで
学んだのは、かれこれ・・・
1999に卒業してから
15年以上の月日が経ちました。

在学中は設立者のロバートが重い病気を煩い、
一度も講義を受ける事が無かった私達20期生。

今回はガブリエルモジェイ氏が
ロバートをお招きしての
2日間セミナーが開かれます。

『学ぶ』事に対して
渇いたスポンジのようでありたいと思っています。

その中で私なりにたどり着いた答えが、

『何を学ぶ』
が重要なのではなくて

『誰から学ぶのか』の
方がもっと重要なんだという結論に
たどり着きました。

今の世の中、
学びたいときにささっとネットで
欲しい情報が見つかります。

でもね、
そういう情報はいとも簡単に
もろもろと崩れる場合があるのです。

本当に何かを『学びたい・知りたい』という
欲がムクムク出て来たら

自分が共感出来る人、
自分が好きな人、
から学んでみてくださいね。

きっとスポンジ吸収力がアップするはずです☆
c0334300_16325454.jpg

[PR]
by aromaticstylelove | 2015-06-11 16:33 | アロマセラピー | Comments(0)

お花が咲きました

ベジタブルガーデンのお花が咲き始めました

c0334300_6174571.jpg


トマトの小さくて黄色いお花が可愛い♪
c0334300_6171697.jpg


こちらはピーマンの花♪
c0334300_619266.jpg


子供の頃に観察記録を付けた
記憶が蘇ってきます。
野菜や果物の実がなるのは
花が咲いて、かれた部分!

へぇ〜〜と娘、息子も興味津々です。

息子も『おおきくなあ〜れ』と
ぞうさんのマイじょうろで
お水をかけてくれています。

c0334300_633095.jpg


君も大きくなってね〜♪
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-06-08 06:15 | 日常生活 | Comments(0)

お誕生日会で

c0334300_2291315.jpg

先日、娘のお友達のお誕生日会がありまして。

アメリカでの典型的なお誕生日会はこんな感じです。

子供が好きなテーマで飾り付けられた場所に

(親が主催者にご挨拶して)子供達をドロップオフし、

公園でBBQをしたり、ケータリングでお食事

ジャンパーを借りてその中で思いっきりエネルギー発散させ(笑)
c0334300_22144766.jpg


大きな大きなケーキを食べて

ハッピーバースデーソングを歌って♡

で・青空のもと、ひたすらお友達と一緒に遊びます。
c0334300_2218555.jpg


お天気に恵まれているロサンゼルスだからできるんですね〜

最後にグディーバッグという
『来てくれてありがとう』のプレゼントをいただきました。
c0334300_2227122.jpg


中身はそれぞれですが、今回はお友達が選曲したというCD!

帰り道ノリノリでCDを聞いていると
レディーガガの
『Born This Way』がかかり、
すかさず娘に

『マミーこれどういう意味??』と聞かれ・・・

深い意味を調べてみたら、面白い歌詞でビックリ!

数年前に紅白歌合戦に出場し、
日本でも支持される意味がわかりました(もとい!私!笑!)


I'm on the right track baby,
I was born this way 

私は“正しい道”を進んでいるのよ、
私は“この道(宿命)”にうまれて来たのだから


MVはこちら
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-06-07 23:06 | 日常生活 | Comments(0)

ハーバルフードコーディネイト2

手作りライフ&ナチュラルライフを楽しもう!

前回のローズやバイオレット
エディブルフラワーを使ってのデザートが出来上がりました!
c0334300_2562228.jpg


フルーツビューティーのハーブティーで
薄めのピンク色をだして、
エディブルフラワーを重ね、
固まったらババロアを流して成形していきます。
型から出す時は少し湯煎を。

このタイミングが難しく
30秒でババロアが少し溶けてしまった状態に・・・
またひとつ勉強になりました(^^;
c0334300_315513.jpg



こちらは小さめの容器で♪
c0334300_33356.jpg



撮影の日はほとんどがスムースに行く事が多いのですが、
たまーに、あれあれ??っという
何かが違う、
でもその何かが分からない、という時があります。
お皿一つでお料理の雰囲気がバシっとはまったり。
光の差し込み具合で、
お料理の新鮮さが伝わり
キラキラとハーブが輝き始めたり。

その『何か』を模索しつつ
ハーブのお料理を撮影する事がとても楽しい時間なのです♪

何かをゼロから作り上げて行くという大変な作業を通して、
少しでもカルナリーハーブの魅力を『価値あるもの』として
伝えていければととても幸せです♡

その他には、タイムを使ったアクアパッツア
c0334300_3155676.jpg


バジルを使っての和風パスタ
c0334300_3165398.jpg

c0334300_3253537.jpg


お出汁からとった
コリアンダーたっぷりベトナム式のフォー
c0334300_3195891.jpg


エディブルフラワーのフレッシュサラダ
c0334300_321169.jpg


ハーブを食してまたエネルギーチャージ!です
レシピは近日中にアップしますね。
お楽しみに☆
[PR]
by aromaticstylelove | 2015-06-06 00:43 | Comments(1)